Go to Contents
検索

記事一覧

9~14日に高濃度のPM2.5予測 政府・自治体が対策点検=韓国

2021.03.09 18:13

【ソウル聯合ニュース】韓国環境部は9日午後、首都圏・忠清北道・忠清南道・全羅北道・全羅南道など8市・道と会議を開き、3月の微小粒子状物質(PM2.5)への対応策を点検したと発表した。

韓国環境部のロゴマーク(同部提供)=(聯合ニュース)

 今回の会議は9日から14日までこれらの地域を中心に、PM2.5の1日の平均濃度が大気1立方メートルあたり35マイクログラム以上が持続すると予測されたことを受け、対応策を点検するために開催された。

 国立環境科学院は9日から14日まで大気の停滞が続くなどの理由で、高濃度のPM2.5が発生する可能性があると予想した。

 環境部と8市・道は今回の会議で政府と地方自治体による合同特別点検、公共事業を行う事業所での濃度低減措置の常時実施などPM2.5を減らすための対策を立て、準備状況を確認した。

 洪禎基(ホン・ジョンギ)環境部次官は「高濃度の状況になった後に対応するより粒子状物質(PM)の発生自体を低減するため3月の対応策を忠実に履行する」とし、国民に協力を呼び掛けた。

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください