Go to Contents
検索

おすすめ #成長率 #IMF
記事一覧

21年の韓国成長率見通し 3.6%に上方修正=IMF

2021.03.26 06:00

【世宗聯合ニュース】国際通貨基金(IMF)は26日に公開した韓国政府との年次協議の結果報告書で、韓国の2021年の実質国内総生産(GDP)成長率見通しを3.6%とし、1月時点から0.5ポイント上方修正した。

IMFは韓国の2021年の実質GDP成長率見通しを3.6%とし、1月時点から0.5ポイント上方修正した=(聯合ニュースTV)

 IMFは報告書で「主要国の景気回復に伴う輸出・投資の増加傾向と補正予算案などを反映し、今年の成長率見通しを上方修正した」と説明した。

 成長率見通し3.6%は、経済協力開発機構(OECD)の3.3%や、韓国銀行(中央銀行)の3.0%だけでなく、韓国政府の見通しである3.2%をも上回る。

 企画財政部は「新型コロナウイルスのワクチン接種が始まってから景気回復の様相が国ごとに異なっていて、わが国は総合的な政策対応や健全なファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を基に差別化に成功した」と評価した。

 また「これはわが国の経済がコロナ危機から最も強く、はやく回復する先導グループ国の一つであることを意味する」と強調した。

 ただIMFは確実な回復を示す輸出と違いサービス分野や消費の回復は不十分な状況であり、雇用も相変らずコロナ以前を大きく下回る水準だと指摘した。

 政策の側面ではさらなる財政拡大を通じて、新型コロナで被害を受けた層に対する支援を強化しなければならないと提言した。

 企画財政部は「4回目となる災難(災害)支援金などを盛り込んだ補正予算の早急な執行を通じて景気回復の動きを維持、拡大する一方、新たな成長エンジンの確保のための韓国版ニューディールの推進を加速させる計画」と説明した。

 今回の報告書はIMFが1月13~28日に企画財政部や韓国銀行などと韓国経済の状況や見通しについて協議した結果が盛り込まれた。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください