Go to Contents
検索

おすすめ #五輪 #南北
記事一覧

ソウル市 32年五輪の南北共同招致提案書をIOCに提出

2021.04.01 16:07

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市が1日、2032年夏季五輪の北朝鮮・平壌との共同招致に向けた提案書を国際オリンピック委員会(IOC)の将来開催地委員会に提出した。

韓国の民主平和統一諮問会議が昨年11月、32年夏季五輪のソウル・平壌共同招致に対する国民の支持を広げるための「共感カンファレンス」をソウルで開いた(同会議提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 南北首脳は2018年9月の「平壌共同宣言」で、32年五輪の共同開催を招致するため協力すると表明していた。だがIOCは今年2月下旬、32年大会の最優先候補地として将来開催地委員会から推薦を受けたオーストラリアのブリスベンを選定した。

 ソウル市は「韓国政府と市は(選定結果に)即座に遺憾を表明し、IOC側と協議を進めた末に今回の招致提案書を提出することになった」と伝えた。

 提案書で市は、「32年ソウル・平壌五輪」のビジョンと5大コンセプトを紹介している。ビジョンは境界と限界を超えて未来へ向かうという意味の「Beyond the Line, Toward the Future」で、「コストを減らし環境破壊とリスクを最小化する五輪」「南北がつながり東西が和合する平和の五輪」などをコンセプトに掲げた。

 徐正協(ソ・ジョンヒョプ)市長権限代行は「32年ソウル・平壌五輪は朝鮮半島の平和と民族の和合に向けた転機をつくる国家的イベントになり得るため、政府と共に最後まであきらめない姿勢で招致に最善を尽くす」と話している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください