Go to Contents
検索

記事一覧

ソウル・釜山市長選 ともに野党圧勝か=出口調査予測

2021.04.07 21:40

【ソウル聯合ニュース】韓国で7日に投開票されたソウル市長選の地上波3局(KBS・MBC・SBS)による出口調査によると、保守系野党「国民の力」の呉世勲(オ・セフン)候補が59%、革新系与党「共に民主党」の朴映宣(パク・ヨンソン)候補が37.7%の得票を獲得した。

出口調査結果を受け、喜ぶ呉氏=7日、ソウル(聯合ニュース)

 釜山市長選の出口調査では国民の力の朴亨ジュン(パク・ヒョンジュン)候補が64%、共に民主党の金栄春(キム・ヨンチュン)候補が33%だった。

 出口調査の結果通りなら、ソウルと釜山市長選で最大野党候補が与党候補に20~30ポイントの差をつけて圧勝することになる。

 この日実施された両市長選を含む21の再・補欠選は有権者全体の約4分1以上が参加し、次期大統領選(来年3月)の前哨戦と位置づけられた。

 最大野党の圧勝で終わる場合、文在寅(ムン・ジェイン)政権への審判という世論が勢いを増す見通しだ。惨敗した与党は大幅な刷新が不可避とみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください