Go to Contents
検索

おすすめ
きょうの主なニュース

韓国 けさのニュース(4月30日)

2021.04.30 10:09

◇新規コロナ感染者661人 2日連続600人台

 韓国の中央防疫対策本部は30日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から661人増え、累計12万2007人になったと発表した。市中感染が642人、海外からの入国者の感染が19人だった。1日当たりの新規感染者数は前日(680人)より19人少ないものの、2日連続で600人台となった。

新型コロナウイルス検査のため並ぶ人々(資料写真)=(聯合ニュース)

◇65~74歳・幼稚園教諭・保育士ら 5月からワクチン接種

 新型コロナウイルスワクチンの1回目の接種を受けた人が300万人を超えた中、5月からは65~74歳の高齢者約500万人などを対象にした接種が始まり、接種スピードが加速する見通しだ。政府の新型コロナウイルス予防接種対応推進団によると、来月から65~74歳の高齢者のほか、30歳以上の幼稚園教諭・保育士・小学1~2年生の教師、慢性呼吸器疾患の重症患者を対象に英アストラゼネカ製ワクチンの接種が開始される。

◇「利益相反防止法」が国会で可決 公社職員の土地不正投機疑惑受け

 公職者が職務に関する情報を悪用して私益を追求することを防ぐ内容を柱とする「利益相反防止法」が29日、国会本会議で可決された。同法案は2013年に議論が始まってから8年間、廃案と再発議が繰り返されたが、宅地開発などを手がける公共機関、韓国土地住宅公社(LH)の職員らが新都市に指定される前の地域の土地を投機目的で不正に購入した問題を受けて急転直下の可決となり、公職社会に大きな変化が予想される。

◇北朝鮮 党青年団体の名称を「社会主義愛国青年同盟」に変更

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)は朝鮮労働党外郭の青年団体「金日成・金正日主義青年同盟」の第10回大会に書簡を送り、「青年同盟の名称を『社会主義愛国青年同盟』に改称することに対する重大な決定が採択された」と明らかにした。朝鮮中央放送が伝えた。青年同盟の名称から金日成(キム・イルソン)主席と金正日(キム・ジョンイル)総書記の名前を外したのは、北朝鮮が最近、「社会主義正常国家」を目指していることの延長線上にあるとみられる。

◇最大野党 きょう新院内代表選出

 最大野党「国民の力」は30日午前、国会で議員総会を開き、第21代国会で2人目となる院内代表を選出する。国会運営を取り仕切る院内代表の任期は1年間。総会では4人の候補に対して投票が行われる。今回の院内代表選挙の結果により、野党連合と次期党代表の構図が左右されるとの見方が出ている。

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください