Go to Contents
検索

記事一覧

スマホ世界シェア サムスンが21.7%で首位奪還=1~3月期

2021.04.30 16:50

【ソウル聯合ニュース】香港の調査会社カウンターポイントリサーチが30日公表した資料によると、世界市場向けのスマートフォン(スマホ)出荷台数で韓国のサムスン電子が21.7%のシェアを獲得し、1位を記録した。同社は昨年10~12月期には米アップルに次いで2位となったが、再び首位に返り咲いた。

ソウル市内のサムスン電子のショールーム(資料写真)=(聯合ニュース)

 2位は16.8%のアップルで、中国の小米科技(シャオミ)が13.7%、OPPO(オッポ)が10.7%、vivo(ビボ)が10.0%と続いた。

 サムスン電子はフラッグシップスマホの「ギャラクシーS21」シリーズの好調で売上高と販売台数がいずれも増加し、欧州、米国、韓国でペントアップ効果(抑制されていた需要の回復)により好業績を収めた。

 カウンターポイントリサーチは、中価格帯の「ギャラクシーA」シリーズを発売したことも成功の要因だと説明した。

 フォルダブル(折り畳み)製品もサムスン電子がリードしているが、華為技術(ファーウェイ)、小米科技、OPPO、vivo、TCLなどの中国企業が新製品を発売すると予想され、競争の激化が見込まれる。

 アップルは「iPhone(アイフォーン)12」シリーズの需要が継続し、米国、中国、インド、日本市場で堅調となっている。

 売上高ではアップルが世界市場でシェア42.0%を記録し、17.5%のサムスン電子を大きく引き離した。アップルの売上高は全地域で2桁以上の増加幅を記録した。小米科技、OPPO、vivoも急成長し、中国、欧州、中南米、東南アジアで善戦した。

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください