Go to Contents
検索

おすすめ #北朝鮮
記事一覧

北朝鮮 バイデン氏演説に「大きな失敗」と警告

2021.05.02 10:27

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は2日、バイデン米大統領が施政方針演説で「外交と断固たる抑止」を通じ北朝鮮の核脅威に対応すると表明したことを「大きな失敗」とし、相応の措置を講じると警告した。また、米国が北朝鮮の人権状況を批判したことについては金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)への冒涜(ぼうとく)だと強く反発した。

北朝鮮外務省はのクォン・ジョングン米国担当局長=(聯合ニュースTV)

 米国は先月30日(現地時間)、新たな対北朝鮮政策の検討を終えたと発表した。北朝鮮の警告や反発は、バイデン大統領の演説だけでなく北朝鮮政策でも北朝鮮が求めてきた敵視政策の撤回などが示されなかったことへの不快感を表したものとみられる。

 北朝鮮外務省のクォン・ジョングン米国担当局長は2日に出した談話で、バイデン大統領の演説について「米国の新しい政策の根幹が鮮明になった以上、やむを得ず相応の措置を講じざるを得ない。時間が経てば経つほど米国は深刻な状況に直面する」と警告。「いまだに冷戦時代の観点から時代的に古い政策で朝米(米朝)関係を扱おうとすれば、近い将来に手に負えない危機に陥る」とし、「非常に大きな失敗をした」と批判した。

 北朝鮮は外務省報道官談話も発表し、米国務省のプライス報道官が先月28日に北朝鮮の人権問題に取り組む団体や脱北者団体が行う「北朝鮮自由週間」に合わせて出した声明に反発した。

 声明は北朝鮮を「世界で最も抑圧的かつ全体主義的な国の一つ」とし、北朝鮮が新型コロナウイルス対策として中朝国境の無断侵入者を射殺するよう命じたことに「がくぜんとしている」と非難していた。

 これに対し、談話は「わが国の映像(イメージ)に泥を塗るための対朝鮮敵視政策の集中的な表現で、われわれの国家主権に対する侵害」とし、「大流行伝染病から人民の生命を守るための国家的な防疫措置を『人権蹂躙(じゅうりん)』と罵倒するだけでなく、最高尊厳まで傷つける重大な政治的挑発」と反発した。

 北朝鮮は新型コロナウイルス防疫に総力を挙げているため、米国が関連措置を批判したことに対し敏感に反応したとみられる。

 談話は「米国がわれわれの最高尊厳を冒涜(ぼうとく)したことは、われわれとの全面対決を準備しているという明確なシグナルであり、今後われわれが米国の新政権をどのように相手にすべきかに対する答えだ」と主張。「われわれにとって人権は国権」とし、「われわれの警告を無視し、軽挙妄動をしたことを必ず後悔することになる」とけん制した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください