Go to Contents
検索

記事一覧

インドから計3便で540人帰国 感染者は14人=韓国

2021.05.10 19:49

【ソウル聯合ニュース】9日にインドからチャーター機の第3便で韓国に帰国した企業関係者ら164人のうち、3人が新型コロナウイルスに感染していることが分かった。中央防疫対策本部が10日発表した。

チャーター機の第2便で7日にインドから帰国した搭乗客=(聯合ニュース)

 146人は陰性と判定され、残りの15人については確定していない状態という。 

 計3便のチャーター機で帰国した540人のうち、感染が確認されたのは計14人となった。

 第1便で4日に帰国した172人のうち、感染者は2人で170人は陰性と判定された。第2便で7日に帰国した204人のうち、感染者は9人、194人は陰性と判定された。残り1人は確定していない。

 インドから帰国したチャーター機の搭乗者は韓国到着後、臨時生活施設で検査を受け、陰性が確認されても7日間、同施設に隔離される。その後の7日間は自宅などで自主隔離する。検査は施設から出る前に1回、隔離解除前に1回の計3回受ける。

 韓国政府は先月24日からインドなど変異ウイルスが流行している国・地域からの直航便の運航を停止している。ただ国民の帰国のための航空便は例外的に運航を認めている。

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください