Go to Contents
検索

記事一覧

韓国 月探査枠組み「アルテミス合意」に署名=10カ国目

2021.05.27 09:01

【ソウル聯合ニュース】韓国の科学技術情報通信部は27日、米国主導で宇宙探査や宇宙利用に関する基本原則を定めた「アルテミス合意」に署名したと発表した。同合意に署名するのは韓国が10カ国目となる。

アルテミス合意に署名した林氏(科学技術情報通信部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓米両国は先週開催された首脳会談で韓国の同合意への参加に合意。林恵淑(イム・へスク)科学技術情報通信部長官が署名を行った。

 同合意は約50年ぶりに人類を月面に送る「アルテミス計画」を進めている米国が、平和的な目的での月や小惑星などの探査・利用に関する原則をまとめたものだ。米国と日本、英国、イタリアなど8カ国が2020年に署名。その後、ウクライナが加わった。

 韓国は同合意に署名したことを受け、米国との宇宙分野での協力を一層拡大し、アルテミス計画と今後の宇宙探査計画に参加できるようになるとみられる。

 韓国が来年8月に打ち上げる月軌道船(KPLO)は米航空宇宙局(NASA)と協力して開発している。NASAのカメラも搭載し、月面着陸の候補地の探索のため、月の永久影を撮影する。

 科学技術情報通信部は宇宙探査分野の活性化が韓国のミサイルの射程などを制限する韓米ミサイル指針の撤廃によるロケット開発とシナジー(相乗効果)を生み、韓国の宇宙産業の規模と能力の成長につながると見込んでいる。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください