Go to Contents
検索

おすすめ #対韓輸出規制
記事一覧

日本の対韓輸出規制から約2年 素材・部品の対日依存度が過去最低に 

2021.06.03 07:00

【ソウル聯合ニュース】日本の対韓輸出規制強化が2019年7月に始まってから、素材・部品分野における韓国の対日依存度がこれまでで最も低くなったことが分かった。韓国政府と企業が素材・部品分野での競争力強化や、供給網の安定化などを推進した結果とみられる。

素材・部品の対日依存度が過去最低となった(イラスト)=(聯合ニュース)

 産業通商資源部が3日に公開した素材・部品に関する資料によると、今年1~4月の韓国の素材・部品の累積輸入額647億9500万ドル(約7兆1177億円)のうち、日本製品は96億9600万ドルで15.0%を占めた。 

 この割合は、前年同期の16.1%より1.1ポイント低く、関連統計の作成が始まった2001年以降、最も低い。

 日本の素材・部品の輸入割合は03年の28.0%を頂点に徐々に低くなり、14年に18.2%を記録してから以後は17%台を維持し、19年には15.9%に下がった。

 一方、台湾からの輸入の割合は昨年の8.3%から、今年は9.3%に上がり、中国は29.1%から30.1%に上がった。

 韓国政府は日本が対韓輸出規制を強化した直後に「素材・部品・設備の競争力強化対策」を発表し、関連技術の国産化のための支援と投資、供給網の多角化に積極的に取り組んだ。 

 これを受け、一部企業が半導体関連設備の国産化に成功したほか、重要品目の輸入先を多角化する成果を収めた。

 ただ日本との素材・部品の貿易で韓国の赤字はさらに拡大したことが分かった。韓国は今年1~4月、日本との素材・部品の貿易で53億9600万ドルの赤字を出した。前年同期に比べ7億900万ドル拡大した。韓国は日本に対し、前年比6.2%増の43億ドルを輸出したが、輸入額(96億9600万ドル)は輸出額の倍を超えた。 

 素材・部品分野の赤字は対日貿易赤字の主な原因でもある。今年4月までの対日貿易赤字は78億9400万ドルで、素材・部品分野が大部分を占めている。 

yugiri@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください