Go to Contents
検索

おすすめ
きょうの主なニュース

韓国 けさのニュース(6月7日)

2021.06.07 10:00

◇60~64歳と30歳未満の軍将兵 きょうからワクチン接種

 韓国で7日から、60~64歳の一般と30歳未満の軍将兵に対する新型コロナウイルスワクチンの1回目の接種が始まる。政府の新型コロナ予防接種対応推進団によると、60~64歳に対する英アストラゼネカ製ワクチンの接種は全国の委託医療機関で実施される。対象者は395万5837人で、このうち78.8%に当たる311万7616人が3日までに予約を済ませている。30歳未満の将兵は軍の医療機関で米ファイザー製ワクチンの接種を受ける。対象者は35万人。

60~64歳のワクチン接種が始まる(イラスト)=(聯合ニュース)

◇モデルナ幹部 ワクチン原液「韓国で生産の可能性も」

 米モデルナの幹部は聯合ニュースとのインタビューで、新しいタイプの新型コロナウイルスワクチンであるRNAワクチンの原液の韓国内での生産を検討しているとして、製造だけでなく研究分野でも協力する考えを明らかにした。同社は先ごろ韓国バイオ医薬品大手、サムスンバイオロジクスとワクチンの製造委託契約を結び、技術移転を開始したという。

◇最大野党「国民の力」代表選 きょう党員投票開始

 保守系最大野党「国民の力」は、今月11日の党大会で実施する代表選に向けて選挙人団の投票を開始する。選挙人団は党大会の代議員や党員など32万8000人で構成され、7日から10日まで投票が行われる。一般市民への世論調査は9~10日に行われ、選挙人団投票が70%、世論調査が30%の割合で投票結果に反映される。先月末に行われた予備選では、国会議員の経験がない36歳の李俊錫(イ・ジュンソク)氏が前国会議員の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)氏らベテランを抑えて1位で通過する番狂わせを起こし、本選の結果が注目されている。

◇売却のイーベイコリア本入札 ロッテ・新世界Gなど参加

 韓国電子商取引(EC)業界3位、イーベイコリアの売却のための本入札が7日に行われる。本入札に参加するのはロッテショッピング、新世界グループのスーパー大手・イーマート、同じくスーパー大手・ホームプラスの筆頭株主である私募ファンドのMBKパートナーズ、通信大手のSKテレコムなど。ネット通販サイトのGマーケット、オークション、G9を運営するイーベイコリアの昨年の韓国EC市場でのシェアは約12%とされる。

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください