Go to Contents
検索

おすすめ
きょうの主なニュース

韓国 けさのニュース(6月10日)

2021.06.10 10:00

◇光州市の建物崩壊で施工会社謝罪 事故経緯・責任には口重く

 南西部の光州市で9日午後に解体工事中の5階建ての建物が倒壊し、市内バスが下敷きになって17人の死傷者が出た事故で、現地の住宅再開発整備事業の施工会社である現代産業開発の権純虎(クォン・スンホ)社長が事故現場を訪れ、「あってはならない事故が起きたことに心から謝罪申し上げる」と述べ、犠牲者と遺族、負傷者にわびた。続いて「会社は事故の原因が早期に明らかにされるよう、調査に積極的に協力する」とし、事故原因とは別に被害者と遺族への支援に集中すると強調した。だが、事故の経緯や責任の所在など肝心な点については、権氏、現場の責任者とも報道陣の質問に言葉を濁すだけだった。

事故現場を訪れ、頭を下げる現代産業開発の権社長=10日、光州(聯合ニュース)

◇オーストリア首相「韓国は革新的な国」 協力強化に意欲

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領のオーストリア訪問を控え、同国のクルツ首相は9日(現地時間)、聯合ニュースとの単独書面インタビューに応じ、韓国を「革新的な国」としながら「両国の協力はさらに強化されなければならない」との見解を示した。韓国を科学技術分野のパートナーとして高く評価しているとも述べた。文大統領は13~15日にオーストリアを国賓訪問し、クルツ首相、ファンダーベレン大統領とそれぞれ会談する。1892年の両国の国交樹立後、韓国大統領の国賓訪問は初めて。 

◇空軍女性下士官の性被害の訴えから100日 国防部が捜査中 

 空軍の女性下士官が上官からセクハラを受けたと訴えてから100日となった。訴えにもかかわらずしかるべき措置は取られず被害者は死を選び、ようやく国防部は事実上の合同調査団を設けて大々的な捜査に着手した。被害者を保護するどころか事実の隠蔽(いんぺい)を図り、言いくるめようとしたり圧力をかけたりするなどの二次加害もあったとされる。初動捜査で加害者を速やかに調べなかったこと、被害者の死亡後に軍首脳部に報告が上がったことなど、軍の乱脈ぶりがこの捜査でどれほど明らかにされるか注目される。

◇新規コロナ感染者611人 2日連続で600人超

 韓国の中央防疫対策本部は10日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から611人増え、累計14万6303人になったと発表した。市中感染が594人、海外からの入国者の感染が17人だった。1日当たりの新規感染者数は前日(602人)より9人増え、2日連続で600人を上回った。

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください