Go to Contents
検索

記事一覧

文大統領が英国でのG7サミットへ出発 参加国首脳とも会談予定

2021.06.11 14:40

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が11日午後、主要7カ国(G7)首脳会議に出席するためソウル空港(軍用空港)から英国へ出発した。

出発前に手を振ってあいさつする文大統領夫妻=11日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は議長国である英国の招待により、オーストラリア、インド、南アフリカ共和国とともにゲスト国としてG7首脳会議に出席する。11~13日(現地時間)に現地に滞在し、G7首脳会議の三つのセッションに参加して「韓国版ニューディール」の経験を共有する。

 第1セッションでは新型コロナウイルスワクチンの供給拡大や保健システムの強化策、第2セッションでは開かれた社会についての価値観共有に向けた協力策、第3セッションでは気候変動への対応策がそれぞれ議論される。

 G7首脳会議参加を機に、文大統領は英国、オーストラリア、欧州連合(EU)の首脳とそれぞれ個別会談を行う。

 このほかにも状況に応じて2カ国間の会談や会合が開かれる可能性もある。韓米日首脳会談、あるいは韓日首脳会談が開催されるかが注目される。

 英国での日程が終了すると、文大統領は13~15日にオーストリア、15~17日にスペインをそれぞれ国賓訪問した後、帰国する。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください