Go to Contents
検索

政治

文大統領 菅首相と初対面も「会談につながらず残念」

2021.06.14 08:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、英南西部のコーンウォールで開かれた主要7カ国(G7)首脳会議で菅義偉首相と初めて対面したことについて、自身の交流サイト(SNS)に「韓日関係で新しい始まりになり得る大切な時間だった」としながらも「会談につながらなかったことを残念に思う」と書き込んだ。

コーンウォールを出発する文大統領夫妻=13日、コーンウォール(聯合ニュース)

 両首脳は会議の会場であいさつを交わし、夕食会でも1分ほど対面したとされるが、会談は開かれなかった。

 文大統領は別の首脳との会談については、「ドイツのメルケル首相とは(新型コロナウイルス)ワクチン開発協力について意見交換し、オーストラリアのモリソン首相とは水素経済協力、欧州連合(EU)のミシェル大統領、フォンデアライエン欧州委員長とはグリーン・デジタル協力で一致した」と紹介。「フランスのマクロン大統領とも先端技術と文化・教育分野での協力を約束した。アストラゼネカの最高経営責任者とはワクチン生産協力について議論した」として、「大変意味があった」と評価した。

 また、「われわれは国の品格と国力に見合う役割を約束し、とりわけ先進国と開発途上国の懸け橋の役割を強調した」と伝えた。

 文大統領は「二つの歴史的な事件が心に留まった」とし、1907年にオランダ・ハーグで開催された万国平和会議と朝鮮半島の分断が決まった1945年のポツダム会談に言及。「(万国平和会議当時)日本の外交侵奪を知らせるため、シベリア横断鉄道に乗ってハーグに到着した李儁(イ・ジュン)は会場にも入れなかった」とし、「(ポツダム会談では)われわれの意見も出せず、大国の決定で運命が左右された」と振り返った。その上で、「韓国は世界10位圏の経済大国となり、世界で最も成熟した国民が民主主義、防疫、(二酸化炭素の排出を実質ゼロにする)炭素中立(カーボンニュートラル)のために行動する国となった。今やわれわれは自ら運命を決める国になった」と強調し、「多くの国がわれわれとの協力を望んでいる。実にうれしい国民の成就」とつづった。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください