Go to Contents
検索

記事一覧

[韓流]ソン・ガンホ カンヌ映画祭の審査委員に

2021.06.24 20:39

【ソウル聯合ニュース】カンヌ国際映画祭は23日(現地時間)、来月6日から17日まで開催される第74回映画祭のコンペティション部門の審査委員として韓国の俳優、ソン・ガンホを含む9人を発表した。

カンヌ国際映画祭コンペティション部門の審査委員に選ばれたソン・ガンホ(下段左端、映画祭ホームページから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 審査委員長を務める米国のスパイク・リー監督をはじめ、7カ国で活動する監督、俳優らが審査委員に選ばれ、コンペティション部門にノミネートされた24作品の審査を行う。

 俳優ではソン・ガンホのほか、フランスの俳優タハール・ラヒム、フランスの女優兼監督メラニー・ロラン、米国の女優マギー・ギレンホールが選出された。

 カンヌ国際映画祭はソン・ガンホについて、韓国映画として初めて同映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、米アカデミー賞で作品賞を含む4冠に輝いたポン・ジュノ監督の「パラサイト 半地下の家族」に主演し、韓国映画の歴史に新たな1ページを刻んだと紹介した。

 韓国の映画関係者がカンヌ国際映画祭の審査委員に選ばれたのは、申相玉(シン・サンオク)監督、イ・チャンドン監督、女優のチョン・ドヨン、パク・チャヌク監督に続いて5人目。ソン・ガンホは、今年の映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門の出品作であるハン・ジェリム監督の「非常宣言」(原題)にも主演している。

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください