Go to Contents
検索

記事一覧

日本の海洋放出決定を非難する決議案可決 韓国国会常任委 

2021.06.29 11:59

【ソウル聯合ニュース】韓国国会の外交統一委員会は29日に全体会議を開き、日本政府が東京電力福島第1原子力発電所の処理済み汚染水の海洋放出を決定したことを非難するとともに、汚染水を扱う上で安全性を確保できるよう積極的な対策を求める決議案を可決した。

外交統一委員会の法案審査小委員会の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 同決議案は、無所属議員と保守系最大野党「国民の力」議員、革新系野党「正義党」議員の3氏がそれぞれ発議した案を外交統一委員会小委員会の審査を経て一本化。この日、与野党の合意により可決された。

 決議は「韓国国会は日本政府の一方的な放射性汚染水の海洋放出決定を強く糾弾し、当該決定を即刻撤回するよう要求する」と盛り込んでいる。その上で安全性懸念に対する科学的な検証と、汚染水の処理手順の透明化に向けた韓国政府と国際原子力機関(IAEA)の共同調査団参加も要求。日本政府に、韓国をはじめとする近隣国と緊密に協議した上で処理方法を改めて決定するよう求めた。

 また、「国会は、わが国民の健康に危害を及ぼしかねない日本政府のいかなる措置も絶対に容認しない」とし、韓国政府にも積極的な外交を促した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください