Go to Contents
検索

記事一覧

北朝鮮がアストラ製ワクチン拒否 中国製には不信感=韓国研究機関

2021.07.09 14:42

【ソウル聯合ニュース】韓国情報機関・国家情報院(国情院)のシンクタンク、国家安保戦略研究院は9日に開催した北朝鮮情勢に関する記者会見で、北朝鮮は新型コロナウイルスワクチンの海外からの導入に取り組んでいるが、まだ確保したワクチンはないと明らかにした。ワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」を通じて調達予定だった英アストラゼネカ製品は副反応を懸念して受け入れを拒否し、中国製品は不信感から導入をためらっているという。

北朝鮮は新型コロナウイルスの感染対策に力を入れている=(聯合ニュースTV)

 同研究院は、北朝鮮はアストラゼネカ製ワクチンを他社製に替えられるかどうかをCOVAX側に打診したと説明。だが、米ファイザーや米モデルナなど他社の製品の供給を受けるには保管温度を零下に保つコールドチェーン(低温物流)設備が必要になり、仮に冷凍・冷蔵設備があっても、電力状況が不安定な北朝鮮では大都市以外で運用が難しいと伝えた。

 友好国の中国またはロシアからワクチン支援を受ける可能性については、北朝鮮は中国製ワクチンへの不信感から導入をためらっており、ロシア製ワクチンに対しては肯定的に評価しているものの無償支援を要求しているようだと説明した。

 同研究院は、ワクチンに関するこうした北朝鮮の動向が正しいかどうかを記者に問われると、「ファクト(事実)に近い」と答えたが、具体的な根拠は公表しなかった。

tnak51@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください