Go to Contents
検索

記事一覧

上半期の輸入EV販売が65%増 テスラけん引=韓国

2021.07.12 09:26

【ソウル聯合ニュース】韓国の電気自動車(EV)市場で、米テスラを中心に輸入EVの販売が急増していることが12日、分かった。自動車市場調査会社カーイズユーデータ研究所などによると、1~6月の輸入EV販売台数は1万4295台で前年同期比64.7%増加した。これは韓国でのEV販売全体(乗用車、2万6632台)の53.7%にあたる。

テスラのEV「モデルY」(テスラコリア提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 上半期の輸入EV販売のうち、テスラ車が前年同期比64.3%増の1万1629台で、全体の81.4%を占めた。「モデル3」(6275台)と「モデルY」(5316台)を中心に売れ行きを伸ばした。その結果、EV以外も合わせた輸入車全体でもブランド別3位につけた。

 テスラを除く輸入EV販売台数は2666台で、66.4%増加した。テスラの独走を許しているものの、各ブランドが昨年から韓国市場に相次ぎ投入しているEV新モデルの販売が好調だ。下半期も新モデルの発売を計画している。

 一方、韓国メーカーも現代自動車のEV専用車「アイオニック5」の発売を機に勢いをつけている。起亜「ニロEV」は補助金が予算上限に達する前の駆け込み需要が見られる。6月に韓国メーカーのEV(乗用車)国内販売台数は1万2337台で前年同月比32.0%増加した。

メルセデス・ベンツのEV「EQC400 4MATIC」の新型(資料写真)=(聯合ニュース)
現代自動車の高級ブランド、ジェネシスの「G80」EVモデル(資料写真)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください