Go to Contents
検索

記事一覧

現代・起亜の欧州市場シェア 上半期はBMW抜いて4位に

2021.07.16 20:50

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車と子会社の起亜の欧州市場における今年上半期(1~6月)のシェアが販売台数ベースでBMWグループを抜いて4位に入り、年間シェアでも昨年に続いて過去最高を更新する可能性が高まっている。

現代自動車のSUV「ツーソン」(資料写真)=(聯合ニュース)

 欧州自動車工業会が16日までに公開した資料によると、今年1~6月の両社の欧州市場での販売台数は前年同期比40.1%増の49万4158台だった。現代は39.3%増の24万2922台、起亜は40.8%増の25万1236台だった。

 欧州市場全体の規模は27.1%増の648万6351台だった。

 今年上半期の両社の欧州市場におけるシェアは7.6%(現代3.7%、起亜3.9%)で、前年同期比0.7ポイント上昇した。グループごとの順位ではBMW(7.2%)を抜き、4位になった。

 1位はフォルクスワーゲン(26.2%)、2位はステランティス(21.3%)、3位はルノーグループ(8.7%)で、6位以下はトヨタ(6.3%)、ダイムラー(5.7%)、フォード(4.8%)、ボルボ(2.6%)、日産(2.1%)と続いた。

 現代・起亜の欧州市場での年間シェアは昨年初めて7%を超え、今年再び過去最高を更新する可能性が高い。

 販売台数が多かったのは、現代がスポーツタイプ多目的車(SUV)の「ツーソン」(7万7050台)、同じくSUVの「コナ」(5万9184台)、ハッチバックモデルの「i20」(3万3235台)の順で、起亜は小型SUVの「シード」(6万1925台)、同「スポーテージ」(4万9497台)、同「ニロ」(4万3342台)の順だった。

 エコカーではニロが4万3342台で最も多く、コナが3万8152台、ツーソンが2万7563台だった。このうち電気自動車(EV)は5万5875台で、前年同期比94.6%増えた。現代のEV専用車「アイオニック5」は5月に414台、6月に994台を販売し累計で1408台になった。

 現代・起亜の6月の販売台数は10万5656台(現代5万4946台・起亜5万710台)で、前年同月比51.7%増加した。

 現代・起亜の欧州市場における6月のシェアは前年同期比2.1ポイント上昇した8.2%で、2カ月連続での8%超えとなった。

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください