Go to Contents
検索

記事一覧

先週デルタ株感染者951人 変異の76%占める=韓国当局

2021.07.20 16:03

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は20日、7月11~17日の1週間に確認された新型コロナウイルス感染者のうち1252人から英国、南アフリカ、ブラジル、インドで発生した変異株が検出されたと発表した。1252人のうち、インドで最初に発見された変異株で感染力がより強い「デルタ株」が951人と全体の76.0%を占めた。国内での変異株の感染者数は累計4605人に増えた。 

デルタ株の感染者が増加している(イラスト)=(聯合ニュース)

 先週は英国で発見された「アルファ株」の感染者が297人で、「ベータ株」(南アフリカ型)と「ガンマ株」(ブラジル型)がそれぞれ2人となっている。

 変異株が検出された1252人のうち、1001人は市中感染者で251人は海外からの入国者だった。

 市中感染者のうちデルタ株が719人(71.8%)で、アルファ株は282人。

 先週の感染者のうち変異株の検出率は52.6%で、前週の44.1%に比べ上昇した。

 市中感染者のみでは変異株の検出率は47.1%で、そのうちデルタ型の検出率は33.9%だった。

 中央防疫対策本部は、デルタ株の増加ペースが速く、数週間以内に検出率が50%を超える可能性があるとの見方を示した。

 先週1週間の感染者全体に占める変異株の割合は25.1%で、市中感染者では23.3%、海外からの入国者では70.6%、首都圏の感染者では25.7%となっている。

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください