Go to Contents
検索

記事一覧

韓国次官「韓日は実務協議の成果基に懸案解決へ努力」 首脳会談白紙化に

2021.07.21 14:36

【東京聯合ニュース】韓国外交部の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官は21日、東京都内で開いた韓米日の外務次官協議後の共同記者会見で、白紙化した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪日と韓日首脳会談に関し、「これまでの実務(協議の)成果を基に、懸案解決に向けて(韓日両国が)引き続き努力していくことにした」と明らかにした。

共同記者会見する崔鍾建次官=21日、東京(聯合ニュース)

 韓米日の次官協議に関しては、北朝鮮問題や朝鮮半島平和プロセスを巡って対話し、「問題認識と進むべき方向について一致した」と説明した。

 また、朝鮮半島の非核化は「長いゲーム」だとし、「これに向けては韓米日の戦略的協力が重要だ」と強調した。バイデン米政権は外交に重点を置いているため、北朝鮮の反応が非常に重要だとも指摘した。

 崔氏はこの日、シャーマン米国務副長官、日本外務省の森健良事務次官と都内の外務省飯倉公館で外務次官協議を行った。3カ国の外務次官協議は2017年10月以来。15年4月に始まり、16年に4回開かれたが、17年のトランプ米政権発足後に開かれなくなった。

 崔氏は、自身とシャーマン氏、森氏の協議が今後の韓米日協力に重要なプラットフォーム(基盤)になるだろうと説明した。

tnak51@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください