Go to Contents
検索

おすすめ #大統領選
記事一覧

韓国元首相の黄教安氏が大統領選予備候補登録 「文政権の政策消す」

2021.07.21 16:47

【ソウル聯合ニュース】韓国の保守系最大野党「未来統合党」(現・国民の力)の代表を務めた黄教安(ファン・ギョアン)元首相が21日、来年3月9日に実施される大統領選挙の予備候補として登録した。

黄教安氏(国会写真記者団)=(聯合ニュース)

 黄氏は報道資料で、代理人を通じて同日登録を済ませたことを伝え、「亡国の道に陥っていく韓国を立て直し、超一流の正常国へと飛躍させる」と決意を示した。

 また、「韓国正常化の第一歩は政権を交代し、文在寅(ムン・ジェイン)政権の政策を確実に消すこと。文政権はゆがんだ信念と確信によって自由民主主義を破壊している」と指摘。文政権が司法掌握、公正選挙の毀損(きそん)、脱原発によるエネルギー・安全保障基盤の死蔵、国民経済の破綻行為などを行っているとし、これらは単なる政策失敗の結果ではなく「誤った理念と(自身の価値観や考えと合致する情報ばかりを受け入れる)確証バイアスの所産だ」と批判した。

 黄氏は元検事で、朴槿恵(パク・クネ)前政権で法務部長官と首相を務めた。

 予備候補として登録すると、選挙事務所を設置し、10人以内の有給の選挙スタッフを置いて選挙運動に入ることができる。後援会も設置可能で、選挙費用の上限となっている513億900万ウォン(約49億円)の5%に当たる25億6545万ウォンまで資金を集められる。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください