Go to Contents
検索

記事一覧

コロナ防疫措置 27日から首都圏以外の地域でも強化=韓国

2021.07.25 16:48

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は25日、青瓦台(大統領府)で中央災難(災害)安全対策本部の会議を開き、新型コロナウイルスの感染状況について、「最近最も懸念されているのは首都圏以外での拡大」として、首都圏以外の全地域の感染防止策「社会的距離の確保」のレベルを26日から上から2番目の第3段階に引き上げる方針を明らかにした。ただ、保健福祉部は会議後、準備が必要として、27日から引き上げる計画を示した。

青瓦台で中央災難安全対策本部の会議を開く文大統領(青瓦台提供)=25日、ソウル(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国では1日当たりの新規感染者全体に首都圏以外の地域の人が占める割合が8日連続で30%を上回った。

 第3段階では不特定多数が利用する施設の営業は午後10時までに制限される。飲食店やカフェなどは午後10時以降、店内での飲食が禁じられ、テイクアウトと出前だけが認められる。

 文大統領は、首都圏で25日まで適用予定だった社会的距離の確保の最高レベル(第4段階)を8月8日まで延長したことに関しては「感染拡大を一日も早く防ぎ、状況を反転させるため切迫した気持ちで延長した」とし、「国民が耐えなければならない苦痛の時間が長くなった。とても恐縮しており残念」と述べた。

 また、「ここ2週間の厳しい措置によって拡大を抑えることはできなかったが、感染者の急増をある程度抑制できた」とし、国民に協力を呼び掛けた。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください