Go to Contents
検索

おすすめ #サムスン #李在鎔
記事一覧

サムスントップの仮釈放 賛成66%・反対28%=韓国調査

2021.07.26 11:04

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社、リアルメーターが26日に発表した世論調査の結果によると、前大統領の朴槿恵(パク・クネ)氏らへの贈賄罪などで服役中のサムスングループ経営トップの李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の仮釈放について、「経済活性化のためにするべきだ」と答えたのは66.6%、「特別扱いの余地があるため、すべきでない」と答えたのは28.2%だった。

李在鎔氏は光復節(8月15日、日本植民地からの解放記念日)を迎えるにあたり仮釈放される可能性が取り沙汰されている=(聯合ニュースTV)

 支持政党別では、保守系最大野党「国民の力」の支持者のうち93.6%が仮釈放に賛成し、反対は3.7%にとどまった。無党派層では79.6%が賛成し、反対は17.1%だった。

 一方、与党「共に民主党」の支持層では反対が51.8%と、賛成(40.5%)を上回った。

 年齢層別では70代以上(85.7%)、60代(81.7%)、50代(67.8%)で賛成の割合が全体平均に比べて高かった。

 18~29歳では65.2%、30代では53.6%、40代では51.6%が賛成と答えた。

 調査はニュース専門テレビ局YTNの依頼を受け、23日に全国の18歳以上の計500人を対象に実施された。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください