Go to Contents
検索

記事一覧

五輪女子ゴルフ韓国代表 朴仁妃「リオの経験が生きるはず」

2021.07.26 13:47

【エビアン(フランス)聯合ニュース】東京五輪の女子ゴルフに出場する韓国の朴仁妃(パク・インビ、33)が25日(現地時間)、「リオデジャネイロ大会での経験が東京で役立つと思う」と、五輪への覚悟を語った。五輪直前の大会となった米ツアーのメジャー第4戦エビアン選手権を終えた後、インタビューに応じた。

エビアン選手権で最終ラウンドを終えた朴仁妃=25日、エビアン(聯合ニュース)

 東京五輪には朴と高真栄(コ・ジニョン)、金世ヨン(キム・セヨン)、金孝周(キム・ヒョジュ)の4人が韓国代表として出場する。最年長の朴は2016年のリオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得し、金世ヨンは25位タイだった。高真栄と金孝周は今回が初の五輪出場。

 朴はこの日、2選手が五輪初出場だとしながら、「緊張感と高揚感の中で、どれほど多く、どれだけ早く緊張をほぐせるかが鍵になるだろう」と述べた。自身については「(五輪を)一度経験している。それを生かし、少しでもリラックスした状態で競技を進めていきたい」とした。

 今回のエビアン選手権は、最新世界ランキングで2~5位の韓国代表4人がそろって出場するとあって五輪の前哨戦と受け止められていた。だが、4人のうち最高順位となった朴も12位タイにとどまった。朴は、自分を含め、全ての選手が五輪を最高の状態で迎えられるよう努力しているが、容易ではないと述べた。

 朴は「いよいよ五輪という本番が始まる。これまで準備してきたことを信じ、全力で臨む」と気持ちを新たにした。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください