Go to Contents
検索

記事一覧

五輪韓国代表 金7の目標達成に暗雲=テコンドー不振響く

2021.07.26 16:08

【東京(特別取材団)聯合ニュース】東京五輪に出場している韓国選手団の目標達成に暗雲が漂い始めた。

アーチェリー女子団体で金メダルを獲得した韓国代表。トーナメント表を指差す(左から)安山(アン・サン)、張ミン喜(チャン・ミンヒ)、姜彩栄(カン・チェヨン)=25日、東京(聯合ニュース)

 韓国は25日時点で、金メダル2個、銅メダル3個を獲得し、総合順位で4位につけている。

 大会序盤での成績としては悪くないものの、序盤でメダルラッシュとなれば、金メダル7個、総合10位以内という目標の達成も可能とみていたため、物足りなさも残る。

 アーチェリーでは24日の混合団体と25日の女子団体で金を獲得したが、メダルが期待されていたテコンドー、射撃、フェンシングでは金を逃した。

 テコンドーでは男子58キロ級で張準(チャン・ジュン)が銅メダルを獲得したものの、金獲得はならなかった。

 フェンシング男子サーブル個人、射撃男子10メートルエアピストルも金に期待がかかっていたが、フェンシングは銅、射撃は予選落ちという結果になった。

 今後、韓国勢の金メダル獲得に期待がかかるのは、26日のアーチェリー男子団体、27日から始まる男女の個人戦、8月4日の女子ゴルフだ。

 アーチェリーで計5個の金メダルを獲得し、女子ゴルフも金となれば、目標の7個まではあと一つとなる。

 お家芸のテコンドーは、各国のレベルが上がっており、残りの2種目でも金メダルが獲得できるか不透明な状況にある。

 柔道、フェンシング男子サーブル団体などで金メダルを獲得すれば、目標達成が見えてくる。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください