Go to Contents
検索

おすすめ #統計
記事一覧

1人・2人世帯の割合が6割 20代127万人が1人暮らし=韓国

2021.07.29 16:25

【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が29日発表した「2020年人口住宅総調査」の結果によると、昨年11月1日時点で国内の世帯のうち約6割が1人世帯または2人世帯だった。20代の1人世帯は前年から急増し、127万に達している。

1人世帯の割合はこの20年で2倍に拡大した(イラスト)=(聯合ニュース)

◇1人・2人世帯の割合が約6割

 昨年11月1日時点の総世帯数は2148万で、前年比2.8%増加した。

 世帯員数別では、1人世帯が一般世帯全体の31.7%と最多を占め、2人(28.0%)、3人(20.1%)、4人(15.6%)、5人以上(4.5%)などと続いた。1人世帯と2人世帯が全体のほぼ6割を占めている。

 1人世帯の割合は、2000年(15.5%)と比べると20年で2倍に拡大した。05年以前の最も主たる世帯は4人世帯だったが、10年には2人世帯、15年以降は1人世帯に変わった。平均世帯員数は00年(3.12人)以降、減少を続けており、昨年は2.34人だった。

 1人世帯を年齢別にみると、20代の世帯が19.1%で最多を占め、次いで70歳以上が18.1%、30代が16.8%の順だった。20代の1人世帯は昨年127万と、1年前に比べ15万急増した。

◇約3割の世帯に65歳以上の高齢者

 65歳以上の高齢者がいる世帯は全体の28.0%を占める。また、高齢者のみで構成する世帯の割合は14.2%に上っている。

 未成年の子どもがいる世帯は494万9000で前年比2.5%、乳幼児がいる世帯は168万9000で同5.8%、それぞれ減少した。

 多文化世帯(国際結婚家庭など)は37万で、一般世帯の1.8%を占める。世帯員数は109万人で総人口の2.1%水準だ。

 一般世帯のうち、マンションに居住する世帯が51.5%と半分以上を占めた。戸建て住宅に居住する世帯は30.4%だった。

◇マンションの割合上昇 戸建ては低下

 住宅総数は1853万戸で前年比2.2%増加した。マンションが全体の62.9%と最多を占め、戸建て住宅は21.0%だった。00年と比較すると、マンションの割合は15.1ポイント上昇した一方、戸建て住宅は16.2ポイント低下した。

 前年と比べ、住宅数が最も大きく増えた広域自治体(市・道)は京畿道(14万戸増)で、増加率が最も高かったのは世宗市(3.5%増)だった。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください