Go to Contents
検索

記事一覧

コロナ感染の韓国軍海外派遣部隊 272人中261人が完治

2021.07.29 17:43

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は29日、アフリカ東部ソマリア沖に派遣中に駆逐艦内で新型コロナウイルスに感染し、病院や施設で隔離中の海軍「清海部隊」第34陣の乗組員272人のうち261人が完治したと診断され、早ければ31日にも帰宅すると発表した。20日に韓国空軍の輸送機で帰国してから11日目となる。

帰国後、バスで軍の隔離施設に移動する第34陣の乗組員(資料写真)=(聯合ニュース)

 乗組員らは部隊に復帰せず、各自の希望に応じて自宅や施設で約1週間休暇を取る。国防部の関係者は「防疫当局の指針に従い、完治判定を受けた261人は追加検査を行わずに隔離解除される」と説明した。

 残りの11人は咳や喉の痛みなどの症状があり、医療陣が31日に退院または退所の是非を決定する予定だ。

 陰性と判定され、海軍の施設で隔離中の29人は来月2日にPCR検査を受け、陰性なら翌日に隔離解除される。26日に行われた検査では全員が陰性だった。

 国防部は「感染者の大部分は20~30代の若年層で、治療も円滑に行われており、重篤・重症者はいない」として、完治後に任務に復帰できるよう最善を尽くすと述べた。

 駆逐艦「文武大王」(4400トン級)に乗り込んで任務にあたっていた清海部隊第34陣は、乗組員301人のうち90.4%に当たる272人の感染が確認されていた。

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください