Go to Contents
検索

おすすめ #東京五輪
記事一覧

韓国 体操女子跳馬で銅・男子走り高跳び4位=東京五輪第10日

2021.08.01 22:54

【東京聯合ニュース】東京五輪第10日の1日、体操女子種目別跳馬で韓国の呂書晶(ヨ・ソジョン)が銅メダルを獲得した。

表彰式で銅メダルを手に笑顔を見せる呂書晶=1日、東京(聯合ニュース)

 五輪初出場の呂は、父親が1996年アトランタ五輪の跳馬で銀メダルを獲得した呂洪哲(ヨ・ホンチョル)氏で、韓国初の親子2代で五輪メダル獲得の快挙を成し遂げた。

 陸上男子走り高跳び決勝では禹相赫(ウ・サンヒョク)が2メートル35をマークし、4位に入賞した。惜しくもメダルには届かなかったが、禹は24年ぶりに韓国記録(2メートル34)を更新し、五輪の陸上トラック・フィールド競技で韓国勢最高順位を記録した。

 同日から始まった野球の決勝トーナメントでは、1次リーグB組2位の韓国がA組2位のドミニカ共和国に4―3で逆転サヨナラ勝ちした。

 国別メダルランキングで韓国は金5、銀4、銅8で8位につけている。

禹相赫は陸上男子走り高跳び決勝で2メートル35をマークし、韓国記録を更新した=1日、東京(聯合ニュース)
野球の決勝トーナメント1回戦で、韓国はドミニカ共和国に逆転サヨナラ勝ちした。抱き合って喜ぶ韓国選手たち=1日、横浜(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください