Go to Contents
検索

記事一覧

東京五輪バド女子複 韓国勢同士の3位決定戦は金・孔組に軍配

2021.08.02 15:03

【東京聯合ニュース】韓国勢同士の戦いとなった東京五輪バドミントン女子ダブルス3位決定戦が2日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都)で行われ、金昭映(キム・ソヨン)、孔熙容(コン・ヒヨン)組が李昭希(イ・ソヒ)、申昇チャン(シン・スンチャン)組を退け、銅メダルを獲得した。

銅メダルをかけて争う金昭映、孔熙容組(奥)と李昭希、申昇チャン組=2日、東京(聯合ニュース)

 世界ランキング5位の金、孔組が同4位の李、申組に2―0で勝利した。

 これまでの対戦成績は金、孔組の2勝4敗だったが、3勝4敗に縮まった。

 韓国バドミントン代表は2016のリオデジャネイロ大会に続いて、2大会連続で女子ダブルスの銅メダル1個で五輪を終えることになった。

 リオデジャネイロ大会では、今回メダルを逃した申が鄭景銀(チョン・ギョンウン)とのペアで銅メダルを獲得した。

 五輪金メダルは08年の北京大会の混合ダブルス以降、獲得していない。

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください