Go to Contents
検索

おすすめ #パラリンピック
記事一覧

東京パラ出場選手を応援 在外韓国文化院がイベント

2021.08.19 13:42

【ソウル聯合ニュース】韓国文化体育観光部傘下の海外文化広報院は19日、東京パラリンピックに出場する選手の安全と健闘を祈り、応援する多彩な文化行事が開催されると発表した。今大会から正式競技に採用されるテコンドーを広め、厳しい訓練を積んだ選手を激励、応援する文化コンテンツが在外韓国文化院を通じて公開される。

駐インドネシア韓国文化院のキャンペーンのポスター(海外文化広報院提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 駐日韓国文化院は韓日両国の音楽家によるオンライン公演を開催した。先月は2018年平昌冬季五輪開会式・閉会式の音楽監督を務めた在日韓国人ピアニストの梁邦彦(ヤン・バンオン)氏がプロデュース・出演した韓日アーティストの公演「平和のハーモニーI」を開いた。今月17日に行われた「平和のハーモニーII」では韓国人チェリストのパク・ヒョナ氏、視覚障害を持つピアニストの三好明子氏が共演したほか、チェロ、箏、尺八の演奏に合わせて日本の手話で歌う公演も行われた。

 駐ロシア韓国文化院は8月の1カ月間、テコンドー振興財団、国技院と協力し、テコンドーの広報映像やプムセ(型)の映像をSNS(交流サイト)で公開する。

 駐ロサンゼルス韓国文化院は米カリフォルニア州テコンドーの日(9月4日)制定を記念するテコンドーの演舞と公演を行う。

 駐インドネシア韓国文化院は現地の団体と協力して手話でK―POPの曲の歌詞を表現し、選手団を応援するキャンペーンを東京パラリンピックの開催期間に実施する。

 駐アラブ首長国連邦韓国文化院は、障害者による芸術団が出演し韓国伝統芸能「サムルノリ」を披露するオンライン公演を今月24日に開催する。

hjc@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください