Go to Contents
検索

記事一覧

旅行・航空業界の苦境は続く コロナ禍長期化で=韓国

2021.08.19 17:51

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルス禍の長期化で韓国の旅行・航空業界が業績不振から抜け出せずにいる。

仁川国際空港第1旅客ターミナル(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国取引所が12月決算の有価証券市場上場587社(金融業などを除く)の今年上半期(1~6月)の連結財務諸表を分析した結果、売上高減少率が最も大きかった企業は旅行大手、ハナツアーだった。

 ハナツアーの上半期の売上高は159億ウォン(約15億円)で前年同期(940億ウォン)に比べ83.1%減少した。コロナ禍前の2019年上半期の売上高は4165億ウォンだった。昨年上半期に前年の約4分の1に減少した売上高は今年上半期にさらに落ち込んだ。

 カジノ運営などを行うGKL(マイナス71.6%)、格安航空会社(LCC)のチェジュ航空(マイナス55.9%)、ティーウェイ航空(マイナス47.0%)も売上高減少率が大きい企業の上位に入った。

 新興企業向け株式市場コスダックに上場している旅行大手、モドゥツアーの売上高も前年同期の473億ウォンから55億ウォンに減少した。

hjc@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください