Go to Contents
検索

社会・文化

日本などを「変異株流行国」に指定 ワクチン接種後も隔離必要=韓国

2021.08.20 18:11

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は20日、国内入国後の隔離免除から除外される新型コロナウイルス変異株流行国として36カ国・地域を指定したと発表した。来月から、ここに含まれる日本やペルーなどから入国した場合、新型コロナウイルスワクチンを接種していても2週間の自主隔離が義務付けられる。

韓国が指定する変異株流行国に日本が含まれ、来月からワクチン接種などの条件を満たしていても2週間の自主隔離が義務付けられることになった(イラスト)=(聯合ニュース)

 前回の26カ国・地域からマレーシア、ウルグアイ、パラグアイが指定を外れ、日本、ペルー、トルコなど計13カ国・地域が追加された。

 政府は現在、新型コロナワクチンの接種を完了した入国者に対し、PCR検査で陰性かつ症状がなければ2週間の自主隔離を免除している。先月からは重要な事業、学術・公益、人道的目的のほか、直系家族訪問のため国内に入国する場合も隔離を免除している。ただ、いずれの場合も変異株が流行する国からの入国者は免除対象から外される。

 中央防疫対策本部の権ジュン郁(クォン・ジュンウク)副本部長はこの日の定例会見で、主に「ラムダ株」の流行国を変異株流行国に含めたとし、9月1日以降、これらの国から入国した場合、隔離免除から除外されると説明した。

yugiri@yna.co.kr

最新ニュース 社会・文化
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください