Go to Contents
検索

記事一覧

サムスン電子のスマートウォッチ 4~6月期の世界シェア3位に

2021.08.27 18:03

【ソウル聯合ニュース】4~6月期の世界のスマートウォッチ市場でサムスン電子のシェアが拡大し、前年同期より順位を一つ上げて3位になった。香港の調査会社カウンターポイントリサーチが27日までに公開した資料で分かった。

4~6月期の世界のスマートウォッチ市場でサムスン電子のシェアが拡大し、前年同期より順位を一つ上げて3位になった(カウンターポイントリサーチ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同資料によると、スマートウォッチ市場は前年同期比27%拡大した。

 シェア順位は米アップルが28%でトップ。中国の華為技術(ファーウェイ)が9.3%、サムスンが7.6%、中国のIMOOが6%、米ガーミンが5.8%だった。

 前年同期に5位以内に入った企業のうち、アップル、華為、IMOO、Amazfitはシェアを下げたが、サムスン電子は6.8%から7.6%に拡大した。

 出荷量ベースではサムスン電子のスマートウォッチは前年同期比43%増加した。

 4~6月期のモデル別の順位は1位がアップルウォッチシリーズ6、2位がアップルウォッチシリーズSE、3位がサムスンのギャラクシーウォッチアクティブ2、4位がアップルウォッチシリーズ3、5位がImoo Z6-4Gだった。

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください