Go to Contents
検索

記事一覧

北朝鮮「新型巡行ミサイルの試射成功」 1500キロ飛行=正恩氏は立ち会わず

2021.09.13 09:09

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、国防科学院が11、12両日、新たに開発した新型長距離巡航ミサイルの試射に成功したと報じた。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)は立ち会わなかったという。

北朝鮮が発射したとする新型長距離巡航ミサイル=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 朝鮮中央通信は同ミサイルについて「試射を成功裏に行った」とした上で「国家の領土と領海上空に設定された楕円および8字形飛行軌道に沿って7580秒飛行し、1500キロメートル先の標的に命中した」と伝えた。ミサイルは設計上の要求を全て満たしたという。

 また、「第8回党大会が提示した国防科学発展と武器体系開発5カ年計画の重点目標達成で大きな意義を持つ戦略武器」と評価。「この2年間、武器体系工程で(開発が)推進され、数十回の噴出実験、飛行実験などを成果的に終えた」と強調した。

 その上で、「党の特別な関心の中で中核事業として推進してきたこの武器体系の開発はわが国の安全を一層保障し、敵対勢力の反共和国軍事行動を強力に制圧するもう一つの効果的な抑止手段を保有するという戦略的な意義を持つ」と評価した。

 試射は朴正天(パク・ジョンチョン)党書記や金正植(キム・ジョンシク)党軍需工場部副部長らが視察した。朴氏は「党中央委員会の委任により、長距離巡航ミサイルの開発を成功させた国防科学者に祝賀と感謝を伝えた」と述べ、金正恩氏の委任を受けたことを明らかにした。

 北朝鮮は弾道ミサイルではなく、国連安全保障理事会の決議に反しない巡航ミサイルの試射を通じ、低レベルの武力示威を行ったとみられる。

 弾道ミサイルはロケットの推進力で放物線軌道を描き、速度が速く破壊力が大きいが、巡航ミサイルはジェットエンジンが用いられ直線軌道を描く。巡航ミサイルは精度の高い攻撃が容易だが、弾道ミサイルより速度が遅い。弾道ミサイルは核弾頭などを搭載できるが、巡航ミサイルに核弾頭を搭載するためには小型化を通じ弾頭重量を減らす必要がある。

 北朝鮮が明らかにした射程1500キロは日本のほとんどの地域に到達でき、韓国軍が保有している巡航ミサイル「玄武3C」と同水準だ。

 北朝鮮が今年、武力挑発を行うのは4回目となる。バイデン米大統領就任後の1月22日と3月21日に巡航ミサイルを発射し、同25日には国連安保理決議に反する短距離弾道ミサイルを発射した。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください