Go to Contents
検索

記事一覧

きょう韓中外相会談開催 北朝鮮問題など協議へ

2021.09.15 05:00

【ソウル聯合ニュース】韓国と中国が約5カ月ぶりに外相会談を開催し、朝鮮半島問題や国際情勢などについて協議する。

王毅氏=(聯合ニュース)

 鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は15日午前、ソウルの外交部庁舎で前日韓国入りした中国の王毅国務委員兼外相と会談する。

 北朝鮮が先ごろ長距離巡航ミサイルを試射したことに加え、米中摩擦が続く中での開催とあり、注目される。

 鄭氏は膠着(こうちゃく)状態にある朝鮮半島平和プロセスを再び進展させるための方策について重点的に協議する計画で、王氏に対し、北朝鮮が早急に対話の場に復帰するため中国が役割を担うよう要請するとみられる。

 朝鮮半島の軍事的緊張を高めた北朝鮮の巡航ミサイル試射に対する王氏の評価も注目だ。

 両氏はまた、来年韓中国交正常化30周年を迎えるにあたり、中国の限韓令(韓流制限令)で冷え込んだ文化交流の活性化など、両国関係を強化発展させるための多様な協力策についても協議するものとみられる。

 またアフガニスタンやミャンマー、南シナ海など地域・国際社会の懸案に対する協力について協議する過程で米中関係に関連した意見も交わされるものとみられる。

 王氏が台湾や南シナ海、新疆ウイグル自治区などの問題を巡る中国の基本的な立場を強調し、韓国と米国の接近をけん制する可能性もある。

 来年2月に北京で開催される冬季五輪の成功に向けた協議も行われる見通しだ。王氏が韓国滞在中に文在寅(ムン・ジェイン)大統領を表敬し、五輪に合わせた訪中を求める可能性もある。

 王氏は鄭氏との昼食会に出席し、午後に出国する予定だ。

 韓中外相会談は今年4月に鄭氏が中国福建省を訪問した際に開かれて以来。王氏の来韓は昨年11月以来、約10カ月ぶりとなる。

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください