Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

韓国 けさのニュース(9月15日)

2021.09.15 10:00

◇新規コロナ感染者2080人 6日ぶり2千人超

 韓国の中央防疫対策本部は15日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から2080人増え、累計27万7989人になったと発表した。市中感染が2057人、海外からの入国者の感染が23人だった。1日当たりの新規感染者数は前日(1497人)より583人増え、9日以来6日ぶりに2000人を超えた。2000人を上回るのは8回目で、2080人は過去4番目の多さとなる。

ソウル駅前にある新型コロナウイルスの臨時検査所=14日、ソウル(聯合ニュース)

◇中秋節連休迫る 帰省による首都圏以外への感染拡大懸念  

 秋夕(中秋節)の連休(今年は19~22日)を前に、首都圏を中心に新型コロナウイルスの感染が再拡大しており、防疫当局は神経をとがらせている。首都圏での市中感染者は今月、1日を除いて1000人を上回り、感染者全体に占める割合も70%台半ばで推移している。政府は連休中の大規模な帰省により首都圏での流行が首都圏以外に広がる可能性を懸念し、なるべく集まりや接触を控えて家族同士でもワクチン接種完了者を中心とする少人数で集まるよう呼び掛けている。

◇最大野党 大統領選公認候補を8人に絞り込み

 保守系最大野党「国民の力」は、来年3月の大統領選の公認候補を決める予備選の1回目の結果を発表し、11人から8人に絞り込む。結果は世論調査80%と党員投票20%で決まり、同党の支持者の過半数から支持を得ているとされる尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長が優勢との分析が出ている。尹氏が総長を務めていた時期に、検察が野党に対し与党の政治家らを告発するよう働きかけたとの疑惑が予備選の結果にどのような影響を及ぼすかも注目される。

◇台風14号 17日まで済州島で大雨の予想

 台風14号の間接的な影響により、南部・済州島の漢拏山では13日からの2日間で678ミリを超える雨が降った。気象庁によると、台風は15日午前3時現在、済州・西帰浦の南南西約360キロの海上を時速8キロで東南東に進んでおり、16日と17日にかけて済州に直接的な影響を及ぼす見通しだ。16日の予想降水量は50~100ミリで、多いところでは150ミリ以上と予想される。気象庁の関係者は、17日まで強風と高波により航空機や旅客船の運航に影響が出る可能性があるとして、利用客は事前に運航情報を確認するよう呼び掛けた。

◇折り畳みスマホが人気のサムスン 中低価格帯モデルの公開見送りか

 サムスン電子の折り畳み式スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーZフォールド3」と「ギャラクシーZフリップ3」が予想以上の人気を集め、今月初めの公開が予想されていた中低価格帯モデルの「ギャラクシーS21FE」の公開が見送られる可能性が出ている。海外メディアや業界は当初、ギャラクシーS21FEが8月のZシリーズの発表イベント直後か9月初めごろに公開されると予想していた。だが、Zシリーズが予想を超える人気を集めたことで、サムスンはこれらの量産に集中することが有利だと判断したものとみられる。

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください