Go to Contents
検索

おすすめ #国連総会
記事一覧

文大統領が国連で演説 「南北米または南北米中による終戦宣言」を提案

2021.09.22 07:02

【ニューヨーク聯合ニュース】米ニューヨークを訪れている韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日午後(日本時間22日午前)、国連総会で一般討論演説を行い、南北米または南北米中が朝鮮半島での戦争終了を宣言することを提案した。

演説する文大統領=21日、ニューヨーク(聯合ニュース)

 文大統領は、朝鮮戦争の終戦宣言こそ朝鮮半島で和解と協力の新たな秩序をつくる重要な出発点になるとの考えを示した。昨年の国連総会で「終戦宣言こそが朝鮮半島における非核化と恒久的平和体制の道を開く扉になるだろう」と述べたのに続き、今年は終戦宣言の主体を朝鮮戦争当事国の南北米または南北米中に具体化した。

 また、文大統領は国際社会に向けても「朝鮮半島の終戦宣言のために力を集結してもらいたい」と呼び掛け、終戦宣言が実現したときに非核化の不可逆的な進展とともに完全な平和が始まると強調した。

 北朝鮮に対しては「地球共同体時代にふさわしい変化を準備すべきだ」とした上で、朝鮮戦争などで生き別れになった南北離散家族の再会を早期に推進し、北東アジア防疫・保健協力体などを通じた感染症や自然災害への対応を提案した。

 文大統領は30年前の南北の国連同時加盟について「決して分断を永続させるためのものではなかった」とし、「南北が周辺国とともに協力するとき、朝鮮半島に確固たる平和を定着させ、北東アジア全体の繁栄に寄与することになり、いずれは協力で平和を実現させた『朝鮮半島モデル』と呼ばれるようになるだろう」との見通しを示した。その上で「国際社会が韓国とともに北に対し絶えず手を差し伸べることを期待する」と語った。

 来年5月に任期を終える文大統領は、朝鮮半島の平和の始まりは「常に対話と協力だ」とした上で、南北間、米朝間の対話の早期再開を促すとともに、「残りの任期の間、共生と協力の朝鮮半島のために最後まで最善を尽くす」と述べた。

 ただ、最近の相次ぐミサイル発射など北朝鮮によって朝鮮半島の緊張が高まっていることについては言及しなかった。

 文大統領は新型コロナウイルス流行で互いに包容し協力する「地球共同体時代」が誕生したとし、地球共同体が解決すべき当面の課題として新型コロナ危機からの包容的回復、気候危機への対応、朝鮮半島の恒久的な平和を含む平和で安全な暮らしなどを挙げた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください