Go to Contents
検索

おすすめ
きょうの主なニュース

韓国 きょうのニュース(10月8日)

2021.10.08 18:00

◇最大野党が大統領選候補を絞り込み 前検事総長ら4人に

 保守系最大野党「国民の力」は8日、来年3月に実施される大統領選の党公認候補選出に向け、候補を8人から4人に絞り込んだ。尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長、洪準杓(ホン・ジュンピョ)国会議員、劉承ミン(ユ・スンミン)前議員、元喜龍(ウォン・ヒリョン)前済州道知事の4人。党の選挙管理委員会が8日、2回目の候補絞り込みの結果を発表した。

「国民の力」が大統領選の党公認候補選出に向け、候補を8人から4人に絞り込んだ。候補に選ばれた(左から)尹錫悦氏、洪準杓氏、劉承ミン氏、元喜龍氏(資料写真)=(聯合ニュース)

◇新型コロナ 首都圏で感染拡大続く

 首都圏(ソウル市、京畿道、仁川市)を中心に新型コロナウイルスの感染拡大が続き、国内の新規感染者数が連日2000人を超えている。政府の中央災難(災害)安全対策本部の李基日(イ・ギイル)第1統制官は8日の定例会見で「直近1週間の人口10万人当たりの1日平均感染者数はソウル市が7.2人、京畿道が5.0人、仁川市が4.4人と、首都圏が5.8人に上る」と明らかにした。感染防止策「社会的距離の確保」の最高レベル、第4段階(人口10万人当たり4人以上)が適用される状況が続いている。今月2日から同日の1日平均市中感染者数は2004人だが、1週間前に比べ増加幅はやや縮小した。

◇大統領選候補の支持率 京畿道知事25%・前検事総長20%

 世論調査会社の韓国ギャラップが8日に発表した調査結果によると、次期韓国大統領にふさわしい人物を問う調査で、トップは革新系与党「共に民主党」所属の李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事で25%の支持を集めた。次いで、保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長が20%だった。両氏とも前月の調査に比べ支持率を1ポイントずつ上げた。李氏の5ポイントリードで変わりない。調査は今月5~7日に全国の18歳以上の1000人を対象に実施された。

◇30年までに温室効果ガス40%削減 政府が目標引き上げ

 韓国政府は韓国の2030年までの温室効果ガス削減目標(NDC)を18年比40%減と、現行目標の26.3%減から大幅に引き上げる。大統領直属の炭素中立委員会と関係官庁が8日、温室効果ガス削減目標の修正案を提示したと発表した。修正案は40%削減の達成に向け、産業、建物、輸送、農畜水産、廃棄物など、部門別の削減量も算定した。

◇温室効果ガス削減目標引き上げ 財界「経済に負担与える」と反発

 韓国政府が2030年までの温室効果ガス削減目標(NDC)を大幅に引き上げたことに対し、財界は「国家経済に負担を与える無理な目標設定」と反発した。特に、産業部門のNDCが従来の2倍以上に引き上げられたことについては企業の競争力低下、産業活動の萎縮による雇用減少などへの懸念を示した。

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください