Go to Contents
検索

おすすめ
きょうの主なニュース

韓国 けさのニュース(10月12日)

2021.10.12 10:00

◇新規コロナ感染者1347人 4日連続で2千人下回る

 韓国の中央防疫対策本部は12日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から1347人増え、累計33万4163人になったと発表した。市中感染が1334人、海外からの入国者の感染が13人だった。1日当たりの新規感染者数は4日連続で2000人を下回ったが、「ハングルの日」(10月9日)の3連休中に検査件数が減った影響とみられる。首都圏(ソウル市、京畿道、仁川市)を中心に始まった流行の「第4波」は3カ月以上続いている。新規感染者数が1000人を超えるのは98日連続。

新型コロナウイルスの検査所(資料写真)=(聯合ニュース)

◇きょうからワクチン追加接種開始 医療従事者対象

 新型コロナウイルスの感染者の治療にあたる医療従事者のうち、約4万5000人を対象とするワクチンのブースターショット(追加接種)が12日から始まる。政府の新型コロナウイルス予防接種対応推進団によると、医療従事者のうちワクチン接種を終えてから6カ月経過した人から3回目の接種が行われる。国内では遺伝情報物質メッセンジャーRNA(mRNA)を使った米ファイザーまたは米モデルナ製のワクチンを使用することになっているが、現在ブースターショットが認められているのはファイザーのみだ。

◇大統領選与党候補 李在明氏は知事の業務遂行・李洛淵氏は状況点検

 来年3月の次期大統領選の革新系与党「共に民主党」公認候補に決まった李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事は12日、京畿道議会の臨時議会に出席し、知事としての業務を通常通り行う。主な与野党の中で最初に公認候補に選ばれた同氏が知事の業務を続けるのは、予備選で2位だった李洛淵(イ・ナギョン)前党代表が決選投票の実施を求めていることとも関連していると分析される。李在明氏は宋永吉(ソン・ヨンギル)党代表から大統領選の準備のため、早期に道知事を辞任するよう要請されているが、まだ決断を下していない状態だ。李洛淵氏の陣営は、当初この日に予定していた解団式を取りやめて状況点検会議を開く。

◇退職年金の中途引き出し額2460億円 住宅購入資金に

 老後資金となる退職年金を取り崩す会社員が増えており、昨年には7万人を超えたことが分かった。規模としては約2兆6000億ウォン(約2460億円)に上る。国会政務委員会所属の与党「共に民主党」の田載秀(チョン・ジェス)議員が金融監督院から提出を受けた資料によると、2016年に4万91人だった退職年金の中途引き出し者は20年には7万1931人と1.8倍に増えた。同期間の中途引き出し額は1兆2317億ウォンから2兆6341億ウォンとなり、2.1倍に増加した。住宅価格の急騰などにより不動産の購入が老後の備えになるとの認識が高まり、余力のある人々が退職年金を住宅購入資金に回しているものとみられる。

◇国家安保室長が訪米 北朝鮮問題巡り「全般的な協議必要」

 青瓦台(大統領府)の徐薫(ソ・フン)国家安保室長は11日(米東部時間)、米ワシントン近郊のレーガン空港に到着し、記者団に「南北の連絡チャンネルが再び復旧しており、(米側と)南北関係や朝米(米朝)関係を点検し、全般的な協議が必要な時期」と述べた。

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください