Go to Contents
検索

記事一覧

韓国サムスン会長の一周忌で追悼式 李在鎔氏ら家族のみ参列

2021.10.25 11:34

【ソウル聯合ニュース】韓国サムスングループの李健熙(イ・ゴンヒ)会長の一周忌を迎えた25日、ソウル近郊の京畿道・水原にある一族の墓で追悼式が簡素に営まれた。

追悼式に参列した李在鎔氏=25日、水原(聯合ニュース)

 追悼式は妻の洪羅喜(ホン・ラヒ)氏、長男でグループ経営トップの李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長、長女の李富真(イ・ブジン)ホテル新羅社長、次女の李叙顕(イ・ソヒョン)サムスン福祉財団理事長ら家族のみが参列し、20分ほど執り行われた。

 サムスンを世界有数の企業に育てた李健熙氏は、昨年10月25日に78歳で死去した。2014年5月に急性心筋梗塞で倒れた後、6年半近くにわたり入院生活を送っていた。

 サムスングループは新型コロナウイルスの流行などを踏まえ、グループとしての追悼行事は開催しなかったが、社内のブログに追悼のコメントを寄せる場を設けたほか、社内掲示板で李健熙氏の追悼映像などを公開した。

 李在鎔氏は追悼式ではこれといった発言をしなかった。財界では、同氏がグループ会長の死去1年を機に、後継者として経営に関するメッセージを発するかどうか注目している。

サムスングループは社内掲示板で李健熙氏の追悼映像を公開した(サムスン電子提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

tnak51@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください