Go to Contents
検索

記事一覧

慰安被害者「国連拷問禁止委員会で解決を」 韓国政府「慎重に検討」

2021.10.26 19:31

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の安恩珠(アン・ウンジュ)副報道官は26日の定例会見で、旧日本軍の慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんが、国連拷問禁止委員会を通じて慰安婦問題を解決するよう政府に要請したことに関連し、「慎重に検討する」との立場を明らかにした。

オンライン形式で記者会見を行った李容洙氏(右から2人目)=25日、大邱(聯合ニュース)

 安氏は「政府は慰安婦被害者の名誉と尊厳を回復するため、できるすべての努力を行っている」とし、「慰安婦被害者と緊密に意思疎通して円満な解決のために最後まで努力する」と述べた。

 李さんはこの日開いた記者会見で、同委員会に慰安婦問題を持ち込み、「日本が慰安所制度を作って運営したのは戦争犯罪であり反倫理的な犯罪だったとの明白な判断を受けてほしい」と政府に要請した。

 同委員会は拷問等禁止条約の履行を監視する組織で、韓日はともに同条約を批准している。2017年には、慰安婦問題を巡る2015年の韓日合意について、「補償や名誉回復、真実糾明と再発防止の約束などと関連して十分ではない」とし、見直しを勧告した。

 李さんとともに記者会見に参加した市民団体「日本軍慰安婦問題ICJ(国際司法裁判所)付託推進委員会」は、日本が同条約を履行していないことを韓国政府が定められた手順に従って問題提起することが可能と主張。条約違反をICJに提訴することもできると説明した。

 李さんは今年2月から政府に対し、慰安婦問題をICJに付託するよう要請してきた。

 慰安婦問題をICJに提訴することについて、安氏は「さまざまな意見を聴取して慎重に検討していくという立場に変わりはない」と述べた。

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください