Go to Contents
検索

記事一覧

韓国の新規コロナ感染者 過去最多の4115人=重症者も最多

2021.11.24 10:54

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は24日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から4115人増え、累計42万5064人になったと発表した。市中感染が4087人、海外からの入国者の感染が28人だった。1日当たりの新規感染者数は前日(2699人)より1416人増え、過去最多だった18日発表の3292人を超えた。4000人を上回るのは初めて。また、重篤・重症患者も586人で過去最多を更新した。

ソウル市内の保健所で新型コロナウイルスの検査を待つ人々(資料写真)=(聯合ニュース)

 同本部は当初、新規感染者が4116人、死者が35人と発表したが、そのうち1人が出生届を提出する前に死産となった胎児だったため、4115人と34人にそれぞれ訂正した。

 感染拡大の勢いが強まっている中、日常回復支援委員会は25日に会議を開いて防疫強化措置を協議する予定だ。金富謙(キム・ブギョム)首相は24日、新型コロナ対応を話し合う中央災難(災害)安全対策本部の会議で、感染者の急増を巡り「状況が予想より深刻」とし、「首都圏だけをみるとすぐにでも非常計画の発動を検討しなければならない状況」との認識を示した。 

 この日新たに確認された市中感染者4087人を地域別にみると、ソウル市が1729人、京畿道が1176人、仁川市が219人で、首都圏が計3124人と全体の76.4%を占めた。

 首都圏以外の地域では忠清南道が291人、釜山市が118人、慶尚南道が87人、大邱市が78人、慶尚北道が65人、江原道が62人、全羅南道が52人、大田市が51人、光州市が45人、忠清北道が40人、全羅北道が34人、済州道が22人、蔚山市が11人、世宗市が7人の計963人だった。

 死者は前日から34人増え、計3362人となった。1日当たりの死者数は7月に流行の「第4波」が始まってから最多となる。韓国国内の平均致死率は0.79%。

 23日の検査件数は6万971件で、ほかに臨時検査所での検査が12万4630件だった。

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください