Go to Contents
検索

おすすめ #ASEM
記事一覧

ワクチン供給網強化へ「韓国が拠点に」 ASEM首脳会議で金首相が表明

2021.11.26 18:32

【ソウル聯合ニュース】韓国の金富謙(キム・ブギョム)首相は26日、オンライン形式で開催されたアジア欧州会議(ASEM)首脳会議に出席し、「新型コロナウイルスと社会経済的回復、発展」をテーマに開かれたセッション2で「新型コロナからの迅速かつ完全な回復のためにグローバルワクチン供給網を強化しなければならない」と発言した。

オンライン形式で開かれたASEM首脳会議の開会式に出席した金富謙首相(国務総理室提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 また「十分かつ安定的で、広範囲なワクチン供給がコロナからの克服の鍵」とし、「成人人口の2回目の接種率が80%に迫る韓国のように一部の国は相当な成果を上げたが、ワクチンの確保が難しい国が相変わらず多い」と指摘した。

 その上で「この問題を解決するため韓国は多様な努力を傾けている」とし、「4種類のワクチンを受託生産し、ワクチンへのアクセスを改善するのに寄与し、今後もグローバルワクチンハブの役割を担っていく」と強調した。

 またアジアを中心にワクチンの供給量を増やし、新型コロナワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」に2億ドル(約230億円)規模の供与を行うと表明した。

 金氏はまた温室効果ガス排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラル(炭素中立)実現に向け力を合わせなければならないとし、2030年までに温室効果ガスの排出量を18年比で40%以上削減するとの韓国の目標を紹介した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください