Go to Contents
検索

記事一覧

オミクロン株警戒 日常回復「平坦ではない」=文大統領

2021.12.02 10:10

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2日、ソウル市内のホテルで開かれたキリスト教の会合に出席し、新型コロナウイルスの新たな株「オミクロン株」が広がっていることについて、「段階的な日常回復に向かう道が平坦ではなく、オミクロン株の危険性が高まっている」として、「一日も早く日常を回復することに全力を尽くす」と述べた。

キリスト教の会合に出席した文大統領(左)=2日、ソウル(聯合ニュース)

 オミクロン株は世界約20カ国・地域で確認され、韓国でも1日、ナイジェリアから帰国した40代夫婦と夫婦の知人ら計5人の感染が確認された。文大統領は先月30日、オミクロン株の流入防止のため、入国者に対する防疫措置を強化するよう指示していた。

 一方、文大統領は会合で、「苦難の中、人間は弱い存在だが、支え合って強くなる」とし、「朝鮮半島の南と北も一つの共同生命体」と表明。「非核化の中で平和と繁栄の朝鮮半島を実現することはもう一つの回復」として、「何より韓国が一層強くなることだ」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください