Go to Contents
検索

記事一覧

入国制限強化対象国 ガーナ・ザンビア加え11カ国に=韓国

2021.12.08 20:28

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は8日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の流入を防ぐため、10日から16日まで、短期滞在外国人の入国を禁じる対象国にガーナとザンビアを加えると発表した。

防護服を着用して移動する外国人入国者(資料写真)=(聯合ニュース)

 また対象国から入国する韓国人と長期在留外国人はワクチン接種の有無を問わず、施設に10日間隔離される。

 政府は新変異株の流行を受け、南アフリカ、ボツワナ、ジンバブエ、ナミビア、レソト、エスワティニ、モザンビーク、マラウイ、ナイジェリアのアフリカ9カ国からの入国制限を強化していたが、これにガーナとザンビアを加えた。

 8日午前0時時点での韓国におけるオミクロン株の感染者は累計38人となっている。

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください