Go to Contents
検索

記事一覧

「佐渡島の金山」の世界遺産登録推進 日本に撤回求める=韓国政府

2021.12.28 16:07

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の崔泳杉(チェ・ヨンサム)報道官は28日、日本による植民地時代に朝鮮半島出身者が強制徴用された「佐渡島の金山」(新潟)を日本の文化審議会が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に推薦する候補に選定したことを巡り、「非常に嘆かわしい。即刻撤回するよう求める」とする論評を発表した。

崔報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

 文化審議会の選定を受け、日本は政府として世界遺産登録に向けた推薦書をユネスコに提出するかどうかを来年2月1日までに検討する予定だ。

 崔氏は、ユネスコの世界遺産委員会が今年7月、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」を構成する長崎市の端島(通称・軍艦島)について、戦時徴用された朝鮮半島出身者に関する日本政府の説明が不十分だとし、改善を求めたことも取り上げた。

 日本政府は2015年、徴用被害者を記憶するための展示施設を設けることを国際社会に約束し、軍艦島を含む23施設が世界遺産に登録された。だが、この約束をきちんと果たしていない。日本政府が昨年開設した「産業遺産情報センター」には、日本の産業化の成果を自画自賛し、強制徴用の被害そのものを否定する証言と資料を展示した。

 崔氏は論評で、約束の不履行を指摘した上で「また別の強制労働被害の現場を世界遺産に登録しようとしている」と批判した。

 その上で、「本人の意に反する強制労働が行われた場所が、これに対する十分な説明なしにユネスコの世界遺産に登録されることのないよう、政府はユネスコなど国際社会と共に断固とした対応を取っていく」と強調した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください