Go to Contents
検索

おすすめ
きょうの主なニュース

韓国 けさのニュース(1月12日)

2022.01.12 10:00

◇コロナ飲み薬の導入計画きょう発表 ファイザー製品あす到着

 中央防疫対策本部は12日午前11時から開かれる中央災難(災害)安全対策本部の定例会見で、新型コロナウイルスの経口治療薬(飲み薬)の導入計画を発表する。政府はこれまで米ファイザー製76万2000人分、米メルク製24万2000人分の計100万4000人分の購入契約を締結した。このうちファイザー製の約2万人分が13日に仁川国際空港に到着する。

イタリアの工場で生産されている米ファイザーの経口治療薬(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

◇与党大統領候補 きょう産業分野の公約発表

 3月の大統領選の革新系与党「共に民主党」候補、李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事は12日、ソウル市内の韓国産業技術振興協会(KOITA)を訪れて産業分野の公約を発表する予定だ。李氏はこれに先立ち発表した「新経済ビジョン」で「産業大転換」を提示しており、これに関する詳細な政策となる。李氏はこの後、中堅・中小企業の代表らと「官民新投資システムの構築方向と課題」をテーマに懇談会を開くほか、主要10企業グループの最高経営者(CEO)らに会う予定だ。

◇最大野党大統領候補 ゲーム産業発展へきょう公約発表

 大統領選の保守系最大野党「国民の力」候補、尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長は12日、ソウルの党本部でゲーム産業の発展と利用者の権益保護に関する公約を発表する。午後にはソウル市内で開催されるゲーム対戦競技「eスポーツ」の大会を同党の李俊錫(イ・ジュンソク)代表とともに視察する。20~30代、なかでも20代男性の支持を取り込む狙いとみられる。

◇北朝鮮「極超音速ミサイルの発射成功」 金正恩氏立ち会い

 北朝鮮の朝鮮中央通信は、国防科学院が11日に「極超音速ミサイル」の発射実験に成功したと報じた。発射には金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が立ち会った。北朝鮮は今回の発射実験を「最終試験」だとしており、間もなく実戦配備されるとみられる。極超音速ミサイルは放物線を描いて落下する一般的な弾道ミサイルよりも迎撃が難しいとされ、マッハ10(音速の10倍)の速度なら発射から1分でソウル上空に到達する。

◇主要品目の対中輸入依存度 韓米日のうち韓国が最高

 韓国、米国、日本のうち、韓国が中国からの中間財の輸入依存度が最も高く、2018年の米中貿易摩擦以前と比べて依存度が最も上昇したとの調査結果が発表された。全国経済人連合会(全経連)は、2020年の部品・素材の対中輸入依存度は韓国(29.3%)、日本(28.9%)、米国(12.9%)の順で、韓国が最も高かったと発表した。中間財の対中依存度は19年の時点で韓国(27.3%)、日本(19.8%)、米国(8.1%)の順で高かった。また、米中貿易摩擦が激化する直前の17年と昨年1~8月の全品目に対する対中輸入依存度を比較した結果、韓国は3.8ポイント上昇した一方で日本は0.1ポイントの上昇にとどまり、米国は4.2ポイント下落した。

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください