Go to Contents
検索

おすすめ #韓流
記事一覧

印象的な韓国映像コンテンツ1位は「ドラマ」 ストーリー性の高さ人気=韓国財団調査

2022.01.12 18:01

【ソウル聯合ニュース】韓国の財団、韓国イメージコミュニケーション研究院(CICI)が12日公表した調査結果によると、昨年最も印象的だった映像コンテンツ(複数回答)として外国人(92%)と韓国人(76%)のいずれも「ドラマ」を1位に挙げた。

韓国ドラマ「イカゲーム」(ネットフリックス提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 研究院はオンライン動画配信サービス(OTT)で公開されたドラマ「イカゲーム」「地獄が呼んでいる」などが国内外で人気を集めたことがこのような結果につながったと分析した。

 外国人はドラマに次いで映画(47%)、ユーチューブの動画(36%)を選んだ。一方、韓国人はユーチューブの動画(59%)を映画(42%)よりも印象的な映像コンテンツと見なす傾向があった。

 韓国映像コンテンツの人気の秘訣(ひけつ)については、外国人と韓国人のいずれも「しっかりしたストーリー(82%、90%)、「登場人物の魅力」(53%、64%)を1位と2位に挙げた。このほか外国人は「韓国文化に対する好奇心(52%)、韓国人は「華麗な映像美」(26%)と答えた。

 よく利用するOTTは米動画配信大手、ネットフリックスが1位で、外国人の73%、韓国人の66%が視聴していると答えた。外国人では「ディズニー+(プラス)」(58%)と「アマゾンプライムビデオ」(32%)、韓国人では「TVING」(49%)と「ディズニー+」(36%)が2、3位を占めた。

 OTTの選択基準は外国人と韓国人ともに「コンテンツの多様性(93%、80%)、「安定的なネットワーク」(78%、58%)、「コストパフォーマンス」(44%、47%)が上位を占めた。

 調査は先月10日から今月9日まで、大学教授、企業の最高経営者(CEO)、外交官など世論を主導する層の韓国人224人と韓国文化に接した経験のある外国人213人を対象に行われた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください