Go to Contents
検索

記事一覧

韓国外相が在宅勤務 次官のコロナ感染受け

2022.01.12 17:43

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の崔鍾文(チェ・ジョンムン)第2次官が12日に新型コロナウイルス感染が確認されたことを受け、同部の鄭義溶(チョン・ウィヨン)長官が在宅勤務を行っている。

鄭義溶長官=(聯合ニュース)

 同部当局者によると、崔氏の感染確認後、鄭氏はPCR検査を受け、長官公邸でテレビ会議などを通じて予定通り業務を遂行している。

 また、崔氏の接触者に対してはPCR検査を受けた後、自宅で待機するよう措置を取り、庁舎内の緊急消毒を行った。

 崔氏は前日、鄭氏の代理として閣議に出席した。閣議の出席者もPCR検査を受け、結果を待っている。

hjc@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください